「耐震リフォーム」リフォーム

 東日本大震災の発生により、住宅の耐震性能について以前にも増して関心をもつようになった人が多いのではないでしょうか。

自分の家の耐震性能はどうなのか。耐震診断を受けて正しく理解しておくことが必要です。耐震診断を行った方がよいかどうかは、まず、昭和56年以前に建てられた住宅かどうかで判断します。昭和56年に建築基準法が改正され、新しい耐震基準が定められたからです。昭和56年より前に建てられた住宅であれば、現在の耐震性能より低い基準で建てられているということです。

一方、昭和56年以降に建てられた家は、新耐震基準で設計されているということになります。しかし、平成12年にも基準法の改正があり、木造住宅には更に規定が加えられています。ですから、昭和56年以降〜平成12年以前であれば耐震診断を受けた方がよいということになります。

耐震診断は、各市町村や各種団体に相談窓口があるので問い合わせて利用してみるのがよいでしょう。自治体によっては、耐震診断を一定の条件を満たした住宅であれば無料で行なっているところもあるようです。

また、自宅のパソコンで簡単な住宅の耐震診断ができるサイトもあるので、まずは自分で確認してみるのもよいかもしれません。(財団法人 日本建築防災協会ホームページ内、「誰でもできるわが家の耐震診断」)。

耐震診断の結果次第で、耐震リフォームの工事を依頼することになります。ただし、大地震の影響が大きくなっている今、不安な気持ちにつけ込む悪徳業者も存在するようです、十分気をつけましょう。

This entry was posted on 火曜日, 9月 11th, 2012 at 1:51 PM and is filed under リフォーム・リノベーション . You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

Lorem ipsum dolor amet

Sed lacus. Donec lectus. Nullam pretium nibh ut turpis. Nam bibendum. In nulla tortor, elementum vel, tempor at, varius non, purus. Mauris vitae nisl nec metus placerat consectetuer. Donec ipsum. Proin imperdiet est. Phasellus dapibus semper urna. Pellentesque ornare, orci in consectetuer hendrerit, urna elit eleifend nunc, ut consectetuer nisl felis ac diam.